耳コピでピアノ楽譜作成【難易度別アレンジ】します 丁寧なヒアリングで安心♪サービス開始の今、限定低価格です!

楽譜の読み・書き 音楽理論

【現役講師が解説】まずは覚えたいシャープ・フラット|変化記号・調号・臨時記号

※この記事にはアフィリエイトを目的としたバナーやテキストリンクが含まれています。

#ってどういった意味があるの?

やその他の変化記号も覚える必要があるの?

今回は楽譜の読み・書き第二弾「変化記号」についてです。
楽譜を見てみると一番先に目に留まるのが、この変化記号ではないでしょうか?

この先音楽理論を学んでいくうえでも、とても重要なポイントとなります。
正しく理解し、作曲やアレンジに活かしていきましょう!

カンナ先生

 

こんな方におすすめ

  • 変化記号を知り、楽譜を正しく読み書きしたい!
  • 音楽理論をこれから学び始める

変化記号とは

 

変化記号とは?

シャープ「#」フラット「♭」など。
音の高さを変える記号を変化記号と呼ぶ。
変化記号は、調号や臨時記号として使われる。

調号」と「臨時記号」については、後半で詳しく説明します。

まずは、変化記号の種類を確認しましょう!

 

カンナ先生

 

シャープフラットは見たことある人も多いのではないでしょうか。

全5種類の変化記号は、楽譜に欠かせない記号です。

それでは、5種類それぞれの意味を学んでいきましょう!

 

変化記号5種類の意味

 

変化記号と呼ばれる「シャープ」や「フラット」の意味を知り、

楽譜の読み・書きをするとき、作曲するときの参考にしてください♪

カンナ先生

 

 

調号と臨時記号

 

ポイント

【変化記号が使われる2つ】

・調号
・臨時記号

この2つに変化記号を使用します。

 

調号

 

 

「曲全体に有効」というのがポイントです。

上の画像だと、「ファ」と「」の位置に調号が付いています。

よって、書いてある音符の「ド」は自動的に「ド#」になります。

カンナ先生

 

臨時記号

 

 

「一時的に」というのがポイントです。

上の画像だと、「」の位置に臨時記号が付いているので、
この小節内でこの高さの「ド」は「ド#」となります。

しかし、2つ目の音の1オクターブ上の「ド」には無効なので、
1オクターブ上はただの「ド」になります。

カンナ先生

こちらもCHECK

【音大卒の講師が本音で答える】「練習が嫌い」は強味になる!集中力をアップさせる方法

質問コーナー第2弾! 今回も、【ピアノ奏者】兼【講師】であるカンナ先生に本音で答えてもらいたいと思います。 お知らせ 質問は、お問い合わせ・公式LINEから常時募集しております。 ・ピアノや楽器の練習 ...

続きを見る

 

まとめ

 

ポイント

【今日のポイント】

変化記号=音の高さを変える記号5つのこと

調号は「曲全体」に有効

臨時記号は「一時的」な小節内で、その高さの音のみ有効

 

今回は楽譜の読み・書きに必要な知識「変化記号」を学びました。
「調号」と「臨時記号」の違いは有効な範囲の差でしたね。

分からない記号や用語を一つずつ解決して、
最終的にこのサイトを見ながら皆さんが楽譜の読み・書きができるように

次回も楽譜に関する疑問を解説していきます!

では本日も、ここまでお疲れさまでした♪

カンナ先生

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林かんな

東京音楽大学ピアノ科卒業。ピアノ、音楽理論、ソルフェージュ講師。 200名以上の指導経験、大手楽器店での全国ピアノ販売3位の経験を活かして、ピアノをはじめたい方・資格取得・受験。就職などの不安にお答えしています♪

-楽譜の読み・書き, 音楽理論