耳コピでピアノ楽譜作成【難易度別アレンジ】します 丁寧なヒアリングで安心♪サービス開始の今、限定低価格です!

コード(和音) 転回形 音楽理論

【講師が解説】三和音(トライアドコード)の「第1転回形・第2転回形」|独学向け音楽理論

※この記事にはアフィリエイトを目的としたバナーやテキストリンクが含まれています。

転回形のコードって普通の形と何が違うの?
作曲や演奏のアレンジにも転回形のコードって有用なの?

アレンジや作曲において、
必ず必要になる知識「コード(和音)の転回形」。
転回形を使うと、同じコードでも響きが変わります。


コード(和音)入門編も第4弾となりました。

今回も、前回までの内容が出てくるので、
読んでいない方は是非目を通してみてくださいね♪

カンナ先生

 

こちらもCHECK

【講師が解説】三和音を一発で変化させる!メジャーコードとマイナーコード|独学向け音楽理論

メジャーコードとマイナーコード、構成音はどう変わるの?   コード表で毎回、確認するのはめんどくさい…。 何かいい方法はないの?   前回の記事で学んだ「構成音それぞれの名称」があ ...

続きを見る

 

こんな方におすすめ

  • コード(和音)の定義が知りたい!
  • コードの転回形を知り、同じコードでも響きの変化をつけたい。
  • 画像や音源で、簡単にわかりやすく「転回形」を学びたい。

 

 

コード(和音)の定義

 

 

上の画像の譜面にあるのは「三和音(さんわおん)」です。
ポップスの作曲で最も使われる形ですね。


ちなみに、2つ以上の音を同時に鳴らせば和音という定義なので、

4つでも6つでも同時に音を鳴らせば和音ということになります。

カンナ先生

 

転回形をマスターするにはまず「基本形」を確認しよう

 

転回形を学ぶためには、基本形を知りましょう!
カンナ先生

 

 

基本形はこのように、ルート(根音)から1音飛ばしの
「だんご状態」のことを指します。

ここから転回させていきましょう!
カンナ先生

注意ポイント

ルート(根音)3rd(第3音)」「5th(第5音)
このワードがいまいち理解できない場合は、下記の記事を一読してから進んでください。

 

こちらもCHECK

【講師が解説】ルート音?根音って何?三和音(トライアド)とセブンス「音の名称」|独学向け音楽理論

「ルート」「3rd」「5th」「7th」っていうけど、 実はあんまり分かってないんだよな…。 コードを覚えなくても、コード表でなんとかなりますよね? コード表やDAWのコードアシスタント機能。 便利だ ...

続きを見る

 

三和音の転回形

 

ポイント

【三和音の転回形は全2種類】
①第1転回形
②第2転回形
では、ひとつずつ画像と音源を使って理解していきます。
カンナ先生

 

第1転回形

ポイント

第1転回形の最低音は「第3音(3rd)」

Cメジャーコードの場合、
第3音(3rd)「ミ」です。
なので、「ミ(E)」が最低音であれば
第1転回形となります。
カンナ先生

【↓こんな形も「最低音が第3音(3rd)」なので第1転回形↓】

 

第2転回形

 

 

ポイント

第2転回形の最低音は「第5音(5th)」

Cメジャーコードの場合、
第5音(5th)は「ソ(G)」です。
なので、「ソ(G)」が最低音であれば
第2転回形となります。
カンナ先生

【↓こんな形も「最低音が第5音(5th)」なので第2転回形↓】

【重要】転回形にした和音の響きの違いを聴き比べてみる

 

音楽理論を学ぶ上で、耳を使うことはかなり重要です。
頭でも耳でも覚えることで、実践でも使いやすくなります。

では実際に、
響きの違いをCメジャーコードで聴き比べてみましょう。

カンナ先生

【基本形】

 

【第1転回形】

 

【第2転回形】

なんか、違う和音にも聞こえるかも!

同じコードでも、コードの並びを変えるだけで
こんなに雰囲気が変わります。

・いま弾いている曲をアレンジしたいとき
・作曲で、同じコードでも響きを変えたいとき

こんな時に、転回形はかなり使えます。
ぜひ、実際に使ってみてください♪

カンナ先生

 

まとめ

 

ポイント

第1転回形の最低音は「第3音(3rd)」
第2転回形の最低音は「第5音(5th」
・転回形は、アレンジや作曲で「同じコードだけど雰囲気を変えたいとき」に超使える!

転回形のしくみ、並び替えるだけなのに響きが変わりますね。
ちょっとアレンジしたいときに使えると、
回りからも「え!すごい!」と驚かれるかもしれません。

 

次回は「セブンスコード(七の和音)の第3転回形」を学びます。
しくみは今回と同じなので、。実践編の音源と一緒にお送りしますね♪
それでは、お疲れ様でした♪

カンナ先生

STEP5

【講師が解説】七の和音(セブンスコード)の「第3転回形」|独学向け音楽理論

転回形って沢山種類があって混乱する…。   転回形のコードを使えないと、作曲やアレンジは平凡になる?   作曲やアレンジができるようになりたい方には、 転回形は是非マスターしてほし ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林かんな

東京音楽大学ピアノ科卒業。ピアノ、音楽理論、ソルフェージュ講師。 200名以上の指導経験、大手楽器店での全国ピアノ販売3位の経験を活かして、ピアノをはじめたい方・資格取得・受験。就職などの不安にお答えしています♪

-コード(和音), 転回形, 音楽理論