耳コピでピアノ楽譜作成【難易度別アレンジ】します 丁寧なヒアリングで安心♪サービス開始の今、限定低価格です!

音楽理論 音程

完全攻略【講師が解説】音楽理論が難しいのは嘘!「音程」は共通言語?|第3弾「増・減」

※この記事にはアフィリエイトを目的としたバナーやテキストリンクが含まれています。

長・短・増・減って何?
コードの横に書いてある「M、m、aug、dim」って
指の配置だけで覚えてるけど、意味はあんまり分からない…。
クラシックを専攻している方でも、
「長・短・増、減」をなんとなく覚えている場合があります。
独学で音楽理論を学ぶとこの「音程」の分野って
飛ばしている方が多いんですよね…。

今回は、すべての正体をまるっと解説します!
↓前回の「長・短」編を読んでいない方は、
読んでから次に進むことをおすすめします。

カンナ先生

 

こちらをCHECK

【講師が解説】音楽理論の登竜門「音程」完全コース?長・短コース?完全攻略|第2弾

音楽理論のテキストを見ていたら、「長3度」って書いてあったんだけど…。 「長」ってなんなの? 長短とか完全とか、区別がつきづらい!! 前回は、「音程を学ぶワケ」と「数え方」を学びました。 今回は、「音 ...

続きを見る

 

 

こんな方におすすめ

  • コードの運指は覚えたけど、理論はさっぱり分からない
  • 音楽理論を授業で習ったけど、テキストが難しくていまいち理解できなかった
  • そもそも「音程」ってなんのこと!?

 

その用語、同じ意味です!

音楽理論のテキストを買ったんだけど、
知らない用語ばっかりで何言ってるか分かりませんでした…。

この質問、実際のレッスンでもかなり多いです!
習ってもいない人に、いきなりドイツ語の本を読ませようとしているようなもの。
音楽理論が難しいと言われやすい理由はココなんです。
カンナ先生

 

question

では、用語を理解しやすくする方法は?

 

知っている用語と結びつけることが重要!
カンナ先生

 

【同じ意味一覧】

 

例えば「コード(和音)」で見てみましょう!

 

ポイント

長3和音=メジャーコード(〇M)
短3和音=マイナーコード(〇m)
増3和音=オーギュメント(〇aug)
減3和音=ディミニッシュ(〇dim)

 

クラシック界で学ぶ音楽理論で「長3和音」と習うものは、
「メジャーコード」と同じ明るい響きの和音のことなんです。

 

私も実際のレッスンでは、
生徒さんによって用語の説明を変えています。
クラシック出身の方には「長3和音」と表現しますが、
バンドやポップス出身の方には「メジャーコード」と表現します。

 

独学で学んでいると、いい意味でも悪い意味でも
色んな情報がテキストやサイトから入手できます。
用語を結び付けられなくて苦戦する方が多い理由ですね。

 

でもここは、独学や初心者の方が迷わないように
用語を結び付けやすいように解説することをモットーとしている場所です。
用語の意味が分かれば、音楽理論は理解できます!
カンナ先生

 

上記のコード、パッと理解できるようになりたくないですか?
コードを見分けるには「音程」の知識があればできます!

では、おさらいも含めながら先に進んでいきましょう!

 

ここで前回の内容を軽くおさらい

 

ここで前回の記事を少しだけおさらいします。

 

 

音程の呼び方は、コースで分かれていましたね!

・完全コース
・長・短コース

この2つのルールに関しては、ここでは省略します。
※冒頭に前回の記事が貼ってありますので、確認してください♪

では今回学んでいく「増・減」についてです。
言葉より、まずは画像で全体像を把握しましょう!
カンナ先生

 

新しいルート「増・減」

 

 

前回、コースによって度数が決まっている話をしました。
上の画像のように、音程が狭くなればブルーのコースを辿ります。
また、音程が広くなればレッドのコースを辿ります。
今回は分かりやすいように「レッド」と「ブルー」に分けました。
自分が覚えやすい色や覚え方があれば、
どんどんアレンジして覚えてみてください!

ではどんな順序で解けばいいのでしょうか?

カンナ先生

 

解き方

  • まず何度か確かめる
  • 仮に「3度」だとして、「長・短コース」に属すことがわかる
  • あとは狭ければブルーコース、広ければレッドコースに進んで導き出す

 

狭いか、広いかの判断はまだできなくて大丈夫です。
問題を解く最大のルールは、
次回じっくり丁寧に解説します!

カンナ先生

 

今日の練習問題(例題つき)

 

まずは例題を見ていきましょう!

例題

「完全」の音程があります。
その音程は、1つ狭くなりました。
この場合「完全」は何に変化しますか?

 

【回答】 「完全」が狭くなってブルーコースに進むので、「減」になる。

では、問題を解いてみましょう!

例題

「長」の音程があります。
その音程は、1つ広くなりました。
この場合「長」は何に変化しますか?

 

増と減って覚えやすいですよね。
広くなったら「増える」
狭くなったら「減る」

意味を知ってしまえば意外と、
言葉の意味のままのネーミングですよね(笑)
もし混乱した時は、いつでも画像を見て確認してくださいね♪

カンナ先生

 

では回答を見ていきましょう!

【回答】 「長」が広くなってレッドコースに進むので、「増」になる。

 

まとめ

 

ポイント

・音程が広くなれば、レッドコース(画像でいう右に向かっていくコース)
・音程が狭くなれば、ブルーコース
(画像でいう左に向かっていくコース)

 

今回は、音程を勉強する上で欠かせない画像が出てきました。
最初はあの画像を見ながら、狭くなる・広くなる間隔に慣れていきましょう。
狭くなったらこっち!広くなったらこっち!と指で辿ってみてください。

そして次回はいよいよ!
音程問題の最大関門「音程問題を解く」工程に入ります。
詳しく丁寧に解説していきますので、ぜひ読んでくださいね♪

では、ここまで本当にお疲れさまでした!

カンナ先生

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林かんな

東京音楽大学ピアノ科卒業。ピアノ、音楽理論、ソルフェージュ講師。 200名以上の指導経験、大手楽器店での全国ピアノ販売3位の経験を活かして、ピアノをはじめたい方・資格取得・受験。就職などの不安にお答えしています♪

-音楽理論, 音程